七色厄除け

七色厄除け

七色厄除けSeven colors

「七つの色を一度に持つと 七つの災いから身を守り 七つの幸運を招く」
昔より、7色のものを身につけると厄除け・厄払いになるといわれています。
仏教の教えで「七難即滅、七福即生」七つの難はすぐさま消滅し、七つの福が生まれるからの説、7色が七福神をあらわしているという説、
真言宗開祖の弘法大師(空海)が旅に出る時に7色の小物を身に付け難を避けたという説、
「8」や「9」を「や」「く」と読み、その間にある「7」には「やくがない」という説、等があります。

厄除けの七色について

厄除けの七色について

赤・オレンジ・黄色・緑・青(水色)・紺(青)・紫の七色。
また、7色というと虹がでてくると思います。雨上がりにかかることから、暗く辛い事を乗り越えるとされていて、それが転じて…ということもあります。

博多織印鑑入れ

博多織印鑑入れ

印鑑一個入れるサイズの印鑑入れです。色鮮やか色合いからシックな色まで幅広くバリエーションがあります。

プレゼントにも最適で贈り物にもお使い頂けます

博多織ミニポーチ

博多織ミニポーチ

手軽に小銭入れやピアス、薬入れなど様々な用途で活用可能。
派手目の色からシックな落ち着いた色まで取り揃えています。

オンラインショップOnline Shop

井上絹織の博多織

オンラインショップはこちら
OnlineShop オンラインショップを見る